2018年7月10日火曜日

カナダのベーコンはハムなの、それともベーコンなの?







先日カナダのバンクーバーに遊びに行ってきました。

朝早く出発して、10時ごろにはバンクーバー市内の南の方にある、Kerrisdaleという地域に着きました。  ここにはコーヒーショップとか日本食のレストランもあるし、小さいおしゃれなお店がいくつも並んでいるところです。

朝ごはんを食べようか、ということで、Bean Brothers Cafeというお店に入りました。


カナダのメニューはよくわからん!







小さくて見にくいですけど、これが朝ごはんのメニューです。

Hash(ハッシュ)というのはじゃがいもです。  Sammy(サミー)はサンドイッチのこと。  そして右上のEggs Bennie(エッグズベニー)というのは、エッグズ・ベネディクトのことです。  エッグズ・ベネディクトは、普通マフィンの上にポーチドエッグとハムがのっていて、それにソースがかかっています。

私はエッグズ・ベネディクトが大好きなので、メニューにあったらいつもそれをオーダーします。

少し前までは、カナダにくるといつも物価が高くてびっくりしました。  でも今はカナダのドルが安くて、CAN$1がアメリカの75セントくらいなので、カナダのメニューの値段に0.75をかければ大体の検討がつきます。  そうすると、エッグズ・ベネディクトはアメリカのドルでも$10位ということです。  

最近のシアトルのレストランでは、エッグズ・ベネディクトを$10で食べられるところなんてどこにもないので、これは安い!  シアトルの物価はアメリカ国内でもかなり高い方らしいですけど、どうやらカナダにも追いついたようです。  そして今はアメリカのドルが強いから、なんだかカナダのメニューがすごく安く感じます。  これは嬉しい発見です。

とにかくエッグズ・ベネディクトをオーダーすることにしたのはいいけど、一番普通のらしき物に、バック・ベーコンと書いてあります。  

バック・ベーコン?  聞いたことがありません!


カナダのベーコンは、あなたが思っているようなベーコンとは違うかもよ



普通ベーコンというと、上の写真のような、脂肪の層のある細切りの塩漬けお肉を想像すると思うんです。  少なくともアメリカのベーコンはこういうものです。  

カナダにはアメリカでいうベーコンと同じものと、カナディアン・ベーコンというのがあります。  それからバックベーコンとも言います。

カナディアン・ベーコンはつまりはハムのことです。  でもいちいちカナディアンと断らなくて、ただベーコンと言ってカナディアン・ベーコンが出てくることもあります。  

じゃあカナダでハムと言うのはどんなものかと言うと、ハムは脚、腿などの部分のお肉で、カナディアン・ベーコンはお尻に近いところのお肉だそうです。  豚のローストいう部分ですね。

アメリカのベーコンはお腹の部分のお肉を使います。  脂肪分がカナディアン・ベーコンよりも多いんです。







私が注文したバック・ベーコンは背中のお肉だから、バック・ベーコンです。  カナディアン・ベーコンのことですね。  つまりハムです。


聞いてみるのが一番かもね



私の母はカリカリのベーコンが好きで、シアトルに遊びに来た時は、よくベーコンを朝ごはんにリクエストしていました。

一緒にカナダに旅行をした時、レストランで母がベーコン付きのメニューを注文しました。  でも出て来たのが例のカナディアン・ベーコンでがっかりしていました。

確かその時はメニューにただベーコンと書いてありました。  

カナダに行ってベーコンを食べたい時は、メニューにただベーコンと書いてあっても、一応確認した方がいいですね。  あなたの思っているベーコンではない可能性がありますからね!


↓ ランキングに参加しています。  応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加





よかったら↓のSNSでシェアしてください!  

2 件のコメント:

  1. アイルランドでも、朝食のベーコンと呼ばれる物は、ハムでした。(笑)
    最初の日だけあれ??って感じでしたが、このハムも結構美味しくって、
    毎日、このハムベーコンの朝食、楽しんでました。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      なんかアイルランドのハムって美味しそう! 勝手に想像してます。

      削除