2018年3月31日土曜日

心と体の不調に効く7つの食べ物

社会人としての出発と新学期の季節になりましたね。
新しい環境に馴染むまでは、精神的にも肉体的にも辛いことが多くなる時期でもあると思います。  

人それぞれ、ストレスの解消法や、体調を整える方法があると思いますが、症状によってそれを解消するのに役に立つ食べ物があるので、ご紹介します。

次の7つの項目です。

  • ストレス
  • 不安
  • 怒り
  • だるい
  • 悲しい
  • PMS(月経前症候群)
  • 落ち着かない


ストレス



ストレスとは、精神的、肉体的に緊張や苦痛などの負担になる刺激やその状態を言います。  ストレスが溜まると、体のあちこちに良くない症状が出てきて、それが続くと、病気になる場合もあります。 適度に刺激のある生活は良いですが、ストレスはたまり過ぎる前に、解消しないといけません。

チョコレートはストレス解消のために役立つ食べ物です。  チョコレートの中にある成分が、不機嫌になるホルモンの生成を抑えてくれるのです。

同じチョコレートでも、ダークチョコレートの方が、効果があるそうです。


不安



不安とは、何か気がかりで落ち着かない状態です。  ひとりぼっちになるのが不安な人とかいますよね。  不安は誰でも感じることだと思います。  でもこの不安も、程度が進んで来ると、不安で外に出られないとか、テストの前に緊張し過ぎて病気になってしまうとか、放っておけない場合もあるのです。

不安な時にはオメガ3を多く含んでいる青いお魚やサーモン(鮭)を食べましょう。  オメガ3脂肪酸が、気持ちを落ち着けるお手伝いをしてくれます。

オメガ3は、鬱、認知症、がんの予防、悪玉コレステロールの低下にも良いと言われています。  



怒り、怒りっぽい



誰でも時にはキーッと頭に来ることがありますよね。  そんな時はちょっと頭を冷やすために、お茶を一杯飲んではいかがですか?

緑茶に含まれるカテキンは体脂肪を燃焼させるので、体重を減らしたい人にいいとか、癌の予防になるとか、抗酸化作用で若さを保つのに役に立つとか、色々といいことが言われています。  ストレスが溜まって頭に来た時にも、気持ちを落ち着けてくれます。

ただお茶にはカフェインが入っていますから、飲み過ぎには注意が必要です。  過度のカフェイン摂取は血圧の上昇や睡眠妨害など、体に良くないことも多いです。


体がだるい



体がだるくてやる気が出ない時には、ほうれん草を食べましょう。  ほうれん草の一番の栄養素は鉄分です。  鉄分が赤血球を作るのに使われて、体の中に酸素をめぐらしてくれます。  そうすると体がしゃっきりして、やる気が出るのです。

ほうれん草は鉄分の他にも、βカロチン、ビタミンC、カリウム、マンガンを含んでいて、とても体にいい野菜なのです。


悲しい、気分が落ち込む



理由もなしになんとなく悲しい、落ち込むことってありますよね。  私の住んでいるところは、冬は雨や曇りの日が多くて、その季節には気分が落ち込む人が増えると言われています。  それは太陽に当たることが少なくなるからです。

太陽に当たると体の中でビタミンDが作られるのです。  ビタミンDはハッピービタミンで、気分を明るくしてくれます。  自分の体でビタミンDを作れない時は、他からもらって来るしかありませんね。  

ビタミンDが多く含まれている食品は、一番がなんとキクラゲなんです。  あとはしらすとか煮干しとか、お魚に多く含まれています。


PMS(月経前症候群)



生理の前にいろんな不快な症状が出る女性は多いようです。  それはホルモンのバランスが崩れるからです。  この時期食欲は増して、しかもイライラするのです。  

イライラするから食べてしまえ!となんでもかんでも食べてしまったら、いいことはありませんよ。  まずイライラしないように、カフェインは控えましょう。  それから塩分は控えめに、アルコールも控えて、水分は十分取ること。  

お豆腐は女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを含んでいるので効果的です。  豆乳を飲むのもいいですね。


落ち着かない



炭水化物は体にいい食品の例としては、あまり上位には出て来ませんね。  でも炭水化物に含まれる糖質は、何も摂取しないでいるわけには行きません。  

頭の働きが鈍くなっていて、何と無く落ち着かない時には、集中力が低下してしまいます。  そこでパンを一枚トーストして、ピーナツバターを塗って食べるのが、アメリカ流です。  ピーナツバターはピーナツ100%の糖分を足していないものを使います。  それでも多少甘みがあります。
出来れば真っ白のパンではなくて、全粒粉を使った茶色いパンを使って、ヘルシーなトーストにしたら、セロトニンという頭の中にある物質のレベルが上がって、気持ちを落ち着けてくれます。 




どんなに体にいいと言われる食べ物でも、適量を過ぎると体に悪影響を与えることがあります。  バラエティのある食べ物を、ほどほどに食べることが大切です。  

それから、なるべく体を動かすことと外に出て日に当たること、これも重要です。  

体を動かして代謝が良くなれば、悪いものがずっと体の中に滞っていることがなくなります。  

ストレスはどこに行ってもまるっきりなくなることはありません。  でも自分に合った方法を見つけて、ストレスを溜め込まないように、体の不調をずっと続けないように、色々と試してみるといいと思います。


↓ ランキングに参加しています。  応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



このエントリーをはてなブックマークに追加 

2018年3月29日木曜日

イースターが日本でも定着しそうな予感がします





今年のイースターは4月1日です。  

日本では随分前からクリスマスはお祝いしていたけど、ここ何年か前からハロウィーンも人気が出て来て、大勢の人が仮装をして街に繰り出したりしていますよね。  なんでも商魂たくましいビジネスが、コスチュームやお菓子や、ハロウィーン関連グッズを売るがために宣伝したのかなあ?と思っていましたが、どうやらイースターもターゲットになっているようです。 


先日ダイソーに行ったら、アメリカのドラッグストアにも並んでいるような、イースターグッズがたくさん並んでいてびっくりしました。  イースターバニーにイースターエッグ、卵を入れるバスケットや、頭につけるウサギの耳なんかもありました。


キリスト教徒でないのにクリスマスを盛大にお祝いする日本人ですが、イースターもキリスト教に関係があって、一体なんのお祝いなのか、知っている人ってどのくらいいるんでしょう?



イースターってなんですか?


イースターは日本語では復活祭と言います。  キリスト教ではクリスマスと同じくらい、とても重要な日なんですね。  イエス・キリストが十字架にかけられて亡くなってから、三日後に復活したことを祝う日なんです。

クリスマスは12月25日と決まっていますが、イースターは毎年日付が違います。  イースターは春分の日の後の満月の後の日曜日と決められているのです。  だから、春分の日のすぐ後に満月があって、そのすぐ後が日曜日だったら、イースターは3月になるだろうし、満月が春分の日よりずっと後だったら、イースターは4月の中旬以降になることもあるのです。  


イースターの前の46日間は、レント(日本語では受難節)と呼ばれ、イエス・キリストが十字架を背負う苦しみを思って、キリスト教徒はその期間肉食を断ち、お祝い事や楽しいい事を控えるのです。  自分の好きな物事をこの期間諦める人もいます。  例えば、コーヒーを飲まないとか、テレビを見ないとかです。  


アメリカにはキリスト教徒が多いので、普段熱心に教会に通わない人たちも、イースターにはおしゃれをして、教会の礼拝に出かける人が多いです。  



なんでイースターバニーや卵が出てくるの?


イースターバニーは、1700年代にアメリカのペンシルベニアに移住して来たドイツ人から伝わりました。  

卵は新しい生命が生まれることから、イエス・キリストの復活を意味し、ウサギは一度にたくさん子供を産むので、それが新しい生命という復活の意味と合っていたので、イースターのシンボルになったそうです。  

ドイツの言い伝えでは、イースターバニーが卵を産んで、それを綺麗に飾って、隠すそうで、いまでもイースターには、子供達が卵のからに色をつけて、それを庭や室内に隠して、一斉に探すお楽しみのイースターエッグハントをします。  

日本で真似をするとしたら、一体何をするんでしょう?


アメリカでは、イースターの日曜日には、家族揃って教会に行って、その後一緒にご馳走を食べる過程が多いです。  クリスマスのように、みんながプレゼントを交換したりはしませんが、子供達がイースターバスケットにお菓子やおもちゃを入れたものをもらったりすることもあるようです。  

巷のグロッサリーストアには、ウサギの形のチョコレートや、ピープス(Peeps)というマシュマロのお菓子も並びます。  


ピープスにはいろんな色やフレーバーがあって、ウサギの形をしているものもありますが、とにかく甘い!  アメリカのお菓子は甘いものが多いですけど、これは特に甘いだけのお菓子です。  随分昔から売られているようですけど、人気があるのかなあ?  

勇気がある人は一度試してみたらいかがでしょう?

プラスチックのイースターエッグの中には、キャンディを入れたり、お金を入れる人もいるようです。  小さい子供たちが庭に出て、一所懸命に卵を探しては、バスケットに入れて走り回っている姿は可愛いものです。

日本ではまさかピープスは売られないと思うけど、きっとウサギやヒヨコの形のお菓子が売られたり、バニーのぬいぐるみなんかも店頭に並ぶのかもしれませんね。

アメリカでは女の子はイースターには春らしいドレスを着て、帽子をかぶっておしゃれをします。  教会に行ったり、家族でお祝いをする時におしゃれをするわけで、日本ではそういう習慣がある人はほとんどいないでしょうから、イースタードレスの方は、それほど人気が出ないかもしれませんね。

日本人は、いろんな海外の習慣を取り入れて、自分流に作り変えてしまうのがとっても上手です。  だからイースターも春のイベントとして、何か新しいスタイルで日本に定着するような気がします。

↓ ランキングに参加しています。  応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加   

2018年3月27日火曜日

うちの犬をバイリンガルにしつけます!

犬は元々バイリンガル?


我が家にはハバニーズという種類の犬がいます。  名前はセバスチャン、オスです。  お年は6歳。  5月になると7歳になります。  

セバスチャンは、ワシントン州の田舎町でアメリカ人のブリーダーさんに6週間までお世話になった後、我が家にやって来ました。  愛着が湧いて来たら困るから、と言って、ブリーダーさんは犬には名前を付けない方針だったので、セバスチャンに初めて会った時、彼には名前がありませんでした。   

帰りの車に乗るまでは、名前がないので、ワンちゃんとか、ワンコ、なんて呼んでいました。  

ハバニーズは元はキューバの犬で、首都の名前、ハバナから名前をとってハバニーズ。  キューバの人たちはスペイン語を話すので、ラテン系の名前がいいねえ、とスペイン人にいそうな名前を探したところ、セバスチャンという名前がなぜか一番しっくり来たので、そういう名前になりました。

いくら名前がなくたって、ブリーダーさんはまるっきり知らんぷりじゃありませんよね。  いつ新しい飼い主が見つかるかわからないワンちゃんたちに、エサをやったり、ベッドの支度をしてやったり、何かするのに話しかけないわけはないでしょう?  ブリーダーさんはアメリカ人だったから、もちろん英語で話しかけていたはず。  

犬同士だと犬語で会話して、ブリーダーさんが英語で何か言うと、ちゃんとそれもわかるんです。  やっぱり犬って元々バイリンガルの素質があるんですよ。  犬語と人間語のね。

もちろん他にも人間の言葉がわかる動物は色々いますよ。  細かいことはわからなくても、名前を呼ばれれば、それが自分のことだなってわかる動物はたくさんいます。  ゴリラのココなんて、手話(Sign Language)が理解出来るんです。  人真似だけじゃないんですよ。  自分で考えて、手話で会話が出来るんです。 (ココというところをクリックすると、YouTubeのビデオにつながります)  

そういう意味ではうちのセバスチャンも、もうすでにバイリンガルだけど、今回私はセバスチャンを、日本語と英語のバイリンガルに育てようと、訓練をしてみることにしました。


なんでバイリンガルにしようと思ったか


先週日本から中学生三人が、学校の旅行でシアトルにやって来て、我が家にホームステイしたんです。  ホームステイの斡旋業者の人には、うちに犬がいることは知らせてあったのに、なぜか犬が嫌いな女の子が、うちに泊まることになってしまったんです。  

初めて会った時に、セバスチャンはお客さんが大好きだから、もう大喜びでしっぽをフリフリ、飛び出して来たんですが、その犬嫌いの子は「ごめんなさい、ごめんなさい!」と言って走って逃げ回っていたんです。  

セバスチャンはごめんなさいなんて言葉は知らないし、誰かが走ったら、追いかけっこをしているのかと思うから、ますます大喜びで彼女を追いかけます。  女の子は怖いから、ずっとごめんなさいと言って逃げ続ける。  結局私がセバスチャンを英語で叱って、なんとか捕まえました。

きっと彼女ほど犬が嫌いな人がうちに来ることはもうないと思うけど、英語が話せない人は来る可能性は大ありです。  だから少しはセバスチャンも日本語のコマンドを知っていた方がいいんじゃないのかなあ?と思ったんです。  

せめて、ダメ、とか、よし、とか、おすわりとか。  

それでバイリンガル教育(?)をすることにしたんですけど、これがそんなに簡単じゃないんですねえ。

犬って言葉だけじゃなくて、ボディランゲージと声のトーンでも理解するらしい


うちの夫は日本語を話さないので、前の犬を飼っていた時も、二人で共通の言葉が英語だから、犬にも英語で話しかけていました。  

それに周りの人がみんな英語で生活しているのに、違う言葉でしか言うことを聞かなかったら、何かあった時に不便だと思ったんです。  YesとNoや、GoodとかStopが分からなかったら、飼い主から離れた時に、他の人の言うことが分からないですからねえ。  

でもどこかで読んだ話によると、犬って言葉も分かるけど、ほとんどは飼い主の顔の表情やボディランゲージ、声のトーンでいろんなことを理解するらしいです。  

だったら、同じような顔をして、同じことを違う言語で二通りの言い方をしても、理解するんでしょうか?  そこのところが研究の余地ありなんですねえ。

やっぱり英語の方が話しかけやすい


セバスチャンの場合、私はずっと英語で話しかけるのに慣れてしまって、どうしても日本語で話しかけるのは難しいです。  

それに日本語って同じことをいろんな言い方で言えるじゃないですか。  だから言葉が統一されなくて、言ってる本人の私もこんがらがってしまいそうです。  例えばエサと言ってみたり、ご飯と言ってみたり。  男の人だったら、メシ、なんて言うかもしれません。  英語だったら、ただfoodでいいんですからねえ。  その点英語は楽なんですよ。

やっぱり、娘の時みたいに、夫は英語だけ、私は日本語だけで、しっかり分けて話さないとダメなのかなあ?  

今の所、飼い主(私)が英語と日本語ごちゃ混ぜだから、やっぱりなんだか分からないよー、とセバスチャンは英語の方しか理解してくれていないようです。  


犬にしてみたら、何語で話してもいいから、僕の大好物をくれればいいよ、と言ってるかもしれませんね。

もう少しだけ頑張ってみよう。


↓ ランキングに参加しています。  応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月26日月曜日

2017年日本の男の子の人気名前トップ10

2017年日本の男の子の人気がある名前トップ10


先日女の子の人気がある名前トップ10について書きました。  今日は同じく男の子の名前のトップ10について書こうと思います。  

これは名付けのサイトが発表した、2017年の人気トップの名前からです。

男の子の名前も、女の子と同じくらい新し目の名前が多いですね。

平昌パラリンピックのスノーボード・バンクド・スラロームで金メダルをとった成田緑夢(ぐりむ)さんは、漢字を見ただけでは一体どう読むのかさっぱりわかりません。  逆にぐりむと言われても、どういう漢字を使うんですか?と、疑問に思ってしまいますよね。  

緑夢さんのお兄さんの名前は、童夢(どうむ)さんというそうです。  ご両親が夢という字に思い入れがあったんでしょうか?

スポーツ選手も、これからどんどんキラキラネームの人が増えてくるんでしょうね。

キラキラネームとは反対に、古風な名前はシワシワネームと呼ばれるなんて書いてあったけど、2017年のトップ10には、シワシワネームは入っていないようですよ。

では、10位から。

10位 陽(よう)

太陽の陽の字は、最近人気があるようですね。  明るい子に育って欲しいとか、そういう思いがあるのでしょうか。
  
9位 大樹(だいき

力強いイメージですね。  大きい木、なんか頼り甲斐がありそうな感じ。  

昔大きいに喜ぶと書いて、大喜(だいき)君と読む人を知っていました。  大喜びくん、なんて言われていたけど、音は同じでも、こちらはなんか楽しそうな感じ。  幸せそうな名前ですね。

8位 碧(あおい)

紺碧のぺきです。  青緑のことですね。  紺碧の空とか、紺碧の海とか、薄いブルーじゃなくて、濃い色です。

あおいと言うと、女の人の名前で葵という字を書く人がいるけれど、私としては音的に女性の名前のイメージです。  

でも意味を考えると、男の子のイメージかなあ?

7位 大翔(だいと)

翔という字は相変わらず人気があります。  男の子の名前は大と言う字も人気だから、人気の字を両方合わせて大翔くん。  

大きく羽ばたいて、将来大活躍してくれそうな名前です。

6位 颯(はやて)

颯爽としているのさつの字で、はやて。  すがすがしくて、スマートな感じのかっこいい名前ですね。  

走るのが速そう。

5位 蓮(れん)

この名前は知っている人にいます。  

どうしても蓮と聞くと、仏教のイメージを持ってしまうのは古い人間だからでしょうか?  

それともスターウォーズのカイロ・レン?  あ、あれは悪役か…  でもなんとなく外国っぽい響きがあって、おしゃれな感じですね。 

4位 樹(いつき)

8位の大樹くんと同じ樹の字です。  

木じゃなくて樹だと、大きい背が高い木を連想しますよね。  どっしりと根を張った、しっかりと強く立っている木のイメージです。  

ここからがトップ3です。    

3位 蒼大(そうた)

蒼い→青いで、また空の青さのことかな、と思ったんですけど、蒼という字には、草の色などのあおの意味があるそうです。 
   
濃い緑色の広い草原のようなイメージ?  私はやっぱり青い空の方を思い浮かべます。  広くて自由な感じです。

2位 陽翔(はると

空のイメージと同じで、飛ぶというのも男の子っぽく感じます。  翔は訓読みすると「とぶ」という風にも読めるから、それで翔がとになるんですね。  陽は暖かい春のイメージからなのかな? 

そしてナンバー1は!?

1位 凛空(りく)

やっぱり凛という字は、私としては、男っぽいイメージがあるなあ。  雄々しいとか、勇ましいとか、それから空という字も、なんとなく女の子より男の子のイメージですね。
  



男の子の名前は、女の子の名前ほどはびっくりする読み方はなかったように思います。  

昔は親の名前の一字をとって、なんていうのが多かったようですけど、最近のお父さん、お母さんは、そういうことにはこだわらないようですね。

名付けって、ルールがあるようでないような、いろんな名前があって面白いです。  これからどんな新しい名前が人気になるのか、とっても興味津々です。

↓ ランキングに参加しています。  応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 

2018年3月25日日曜日

2017年日本の女の子の人気名前トップ10

2017年日本の女の子の人気がある名前トップ10


いつから世の中、当て字の名前が多くなったのかわかりませんが、最近の日本の名前は、漢字を見ただけでは私には読めないものが多いです。  


キラキラネームは、日本にいる日本人の人にも、読むのは難しいでしょうね。

漢字って、音だけじゃなくて字そのものに意味もあるから、意味を考えて漢字を選んで、それから読み方を当てるっていうやり方なんですよね。

Japantoday.comに出ていた、2017年から2018年現在の日本の女の子の名前人気トップ10の10位から順番にご紹介します。

10位 凛(りん)

英語の名前では、女性にリンさんていますよね。  Lynnというスペリングですね。  あとはアジア系の人で、Linと書く人もいます。  

でも凛々しいというのは、男の人に使う言葉だと思っていましたけど…  辞書で調べてみると、雄々しいとか、勇ましい、キリッとして男らしい、という意味が出ていました。

男女平等の世の中だから、女の人でも勇ましいのはいいけれど、字を見ただけで女の子か男の子かわからないのは、ちょっと面倒臭いかなあ?  

でも日本では、男女を問わず、みんなさんとか様で済むから、間違えてミスターとかミセスとか言わなくていいからいいですね。

9位 恵(けい)

めぐみじゃなくて、けいと読むそうです。  意味は同じ、恵です。

なんでめぐみじゃなくてけいなのかは?

8位 栞菜(かんな)

しおりに菜っ葉の菜ですね。  カンナという花がありますけど、それとは違うみたい。

「さくら荘のペットな彼女」という漫画に、長谷栞菜というキャラクターがいるそうです。  少し前の漫画だから、今生まれて来る女の子につける名前として、そこからとったと思うのは無理があるかも。  

7位 小陽(こはる)

パッと見て、小腸と書いてあるのかと思ってびっくりしました。  これでこはると読ませるとは、まあわからないでもないけど、私には読めません。  

こはるさんという人を知っていますが、おばあさんで、字は多分小春さんだと思います。  私だったら春の字の方を使うと思います。

6位 澪(みお)

澪というのは、川や海で水の流れで底が深くなってできた溝、船の通り道のことだそうです。

れいとも読めるから、音が良くて選んだのでしょうか?

5位 千愛(ちな)

ながつく名前って、女の子の名前だと可愛い感じがするけど、この字は読むのが難しいですねえ。

愛がたくさん、愛情深い子供にっていう意味があるのかな?  綺麗な字だけど、やっぱり難しい。

4位 紬(つむぎ)

これなら私にも読めますよ。  英語で書いてある意味は、silk cloth、絹の布ですね。  

シルクのようなお肌になるようにっていうことかなとも思ったんですけど、多分紡ぐの方の意味で、何かを紡ぐ、でも字は紬にしたのではないかと思います。


いよいよトップ3です!

3位 咲花(えみか)

これは絶対読めませんよ。  花が咲いている姿が、笑っているように見えるとか、そういう意味からこの咲くという字を選んだんでしょうね。  だったら、笑花でもいいと思うけど。  字的には咲花の方は上品な感じかな?

♪ 花〜は、は〜なは、花は咲く〜の歌からアイデアを得たとか?  違いますかね?

2位 心桜(こころ)

これも読めません!  絶対読めません!

日本人は桜が好きですよね。  百人一首の時代から、花と言えば桜だったのかもしれないけど、最近特に、桜にこだわる日本人が多いように感じます。  

それから心というのも人気ですね。  

だから両方合わせて名前を作っちゃった!  なんかピンクのふんわりした女の子を連想させる漢字です。


ジャジャーン、とうとう最後のお名前です!

1位 希心(のぞみ)

名前というよりも、何か難しい漢文か何かの言葉かと思ってしまうような感じです。

字そのものは難しくないけど、私としては、のぞみと言ったら希望の望の方を思い浮かべてしまいます。  



名前って流行があって、時代によってそれぞれスタイルがありますよね。  

私の祖母の時代には、カタカナかひらがな二文字の名前が多かったから、二文字の名前を聞くと、おばあさんっていうイメージがあったけど、今の子供たちは、名前に子がついていたら、おばあさんの名前だと思うんでしょうか?  

今度は男の子の名前も調べてみようかなと思います。

このトップ10の名前は、実際に付けられた名前の数を数えたものではなくて、赤ちゃん名づけというサイトに多く寄せられた名前で人気のあった物の順位です。  


↓ ランキングに参加しています。  応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 

2018年3月22日木曜日

イースターのエッグハントはウッドランドパーク動物園で!

Hop, Skip, and Jump to the Bunny Bounce!





今年のイースターは4月1日の日曜日です。  シアトルのウッドランドパーク動物園では、イースターの前日の3月31日、土曜日に、恒例のバニーバウンスというイベントがあります。  今年で17回目。  

動物園内でいろんなイベントがありますが、一番の人気はやっぱりエッグハントですね。  エッグハントには8歳以下の子供が参加できます。  


3歳以下の子供のエッグハントは、動物園の北の方にある、芝生の広場、ノースメドー(The North Meadow)のそばのピックニックシェルターで、9時30分から3時まで。


3歳から5歳と、6歳から8歳の子供のエッグハントは、ノースメドーで、10時から正午までと、1時から2時30分まで、30分おきです。 


その他には、いろんな動物に、バスケットに入った大好物の食べ物をプレゼントするところが見られます。  時間が決まっているから、お気に入りの動物の時間をチェックしておいた方がいいですね。


10:00  Jaguar, Lions

10:45  Snow Lepards
11:30  Kunekune Pigs, River Otters
11:45  Asian Small-clawed Otters
12:00  Grizzlies
  1:00  Anoa, Sloth Bears, Ring-tailed Lemurs
  1:30  Red Ruffed Lemurs, Meerkats
  2:00  Penguins
  2:30  Wallaroos, Wallabies

Lemurs (リーマー、オナガザル)は天候によっては外に出ない時もあるそうです。


イベントは入場料だけで、特別の料金は取られません。  他にもクラフトテーブルなんかもあるので、一日中楽しめますよ。


詳しくは、ウッドランドパーク動物園のウェブサイト、www.zoo.org/visit‎ でどうぞ。


↓ ランキングに参加しています。  応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月20日火曜日

はじめまして!

こんにちは。

スロスのシンプルダイアリーへアクセスしていただいて、ありがとうございます。


スロスは日本語で動物のナマケモノのことです。


スロスは食べた分だけ運動して、必要のないことはしない、のんびり、シンプルな動物です。  


自分も、ガツガツしないで、のんびり、シンプルに、持っている物を大切に、スロスみたいな暮らしを目指しています。


シアトルに住み始めて23年目。  アメリカ人の夫と、白人と日本人の混血の大学生の娘、小型犬のわんこと一緒に暮らしています。  


アメリカに住む日本人の目から見た、日本の不思議や面白いこと、アメリカ(特にワシントン州、シアトル周辺)のニュースや情報、ハーフやバイリンガルのことなど、など、色々と書いて行こうと思っています。


どうぞよろしくお願いします。