2018年7月15日日曜日

アスペルガー症候群について学べるマーク・ハッドンの本


画像をクリックするとAmazonのサイトに飛びます。


先日家の近くのリトル・フリー・ライブラリーで、よく書店で見かけた本を見つけました。

タイトルはThe Curious Incident of the Dog in the Night-timeという本です。  

この本は2004年に出版されたので、もう15年近くになります。  本自体も読み込まれていて少し痛んでいたけど、10年以上前の本となると、出版界では新しい本の扱いは受けません。

表紙に逆さまの犬の絵が描いてありますが、これは切り抜きで、表紙をめくると犬の形に穴が空いています。  私はこの本が出た当時、内容を知らなかったくせに、本をカバーで評価して(こういうことはするなとは、よく言われる事ですが…)、勝手に真新しさで売り込もうとしているだけだと思っていました。  タイトルからして、なんとなく若者受けを狙っているような気がしたから、あえて長い間手にすることがありませんでした。  その長い間、書店にいけばよくおすすめコーナーに並んでいて、いまだに売れている本なのにです。

字が割と大きめだし、退屈しのぎに読んでみるかなあ、と何も知らずに手にとってみたのですが、読み始めてから、これは!と思って一気に読んでしまいました。

この本は日本語訳では、夜中にいぬに起こった奇妙な事件というタイトルです。  作者の名前はマーク・ハッドンと言います。  

主人公の少年クリストファーがナレーターの役目をしています。  彼は養護学校に通う子で、先生の勧めで本を書くことにしました。  シャーロック・ホームズの推理小説が好きなので、自分も推理小説を書くことにしたのです。  彼が実際に近所の家で犬が殺されているのを発見した事件をもとに、犯人を探しながら小説を進めて行きます。  

クリストファー少年が自分で書いている本、という設定ですが、彼は自分の行動を事細かく記しているし、周りの人や出来事もとても詳細に書いています。  これははっきりとは書かれていませんが、彼が自閉症スペクトラムのアスペルガー症候群であるということがわかります。

最近このアスペルガー症候群という言葉をよく耳にするようになりましたが、私は周りに症状がある人がいないため、正直言ってほぼ無関心でした。  きっと私以外にも、同じように名前は知っていてもどういうことがその人に怒っているのか、理解している人は少ないと思います。  

この本では、作者がアスペルガー症候群について、とてもよく理解していることがわかります。  クリストファーの言動が、全てのアスペルガー症候群の人たちと同じではないにしても、理解を深めるきっかけを作る上で、良い窓口になるのではないかと思います。  

話の中に登場するクリストファーの両親や、彼を知っている人たち、彼が遭遇した全く知らない人たちの態度や言葉遣いから、アスペルガー症候群との関わり方を学ぶこともできます。

興味のある方は、ぜひ英語でも日本語でも、本を手にとってみていただきたいです。 







↓ ランキングに参加しています。  応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加





よかったら↓のSNSでシェアしてください!   

0 件のコメント:

コメントを投稿