2018年5月23日水曜日

スターウォーズ・マニアのお店がワシントン州の田舎にあるよ!

スターウォーズは、最初の映画が公開されてからもう何十年にもなるけど、アメリカではまだまだ人気は衰えていませんねえ。  

スターウォーズのファンで、いろんなグッズを集めている人も多いと思いますが、ワシントン州の端っこに、そんなマニアが喜びそうなお店があるんです。




お店の名前は、Sucher & Sons Star Wars Shop (ごめんなさい、Sucherの発音はわかりません)、ワシントン州の西の真ん中より少し下にある、Aberdeen(アバディーン)というところにあります。 





シアトルから車で約1時間半くらいですね。 

アバディーンはシアトルのニルヴァーナというバンドのボーカリスト兼ギタリストとして有名だった、故カート・コベインの出身地です。  

スターウォーズ・ショップの外壁には、初期のスターウォーズのキャラクターの絵が描かれています。  
 


お店の中はスターウォーズの関連グッズでいっぱい!  所狭しといろんなものが並んでいます。



これはダース・ベイダーのコーナー。  



ちょっと写真がボケてしまったけど、これはプリンセス・レイアがジャバ・ザ・ハットの首を絞めているところ。



ジェダイが仲良くお食事しているシーンもあります。  手前にチューバッカも座っていますね。



いろんな国の言葉で書かれた本も売っています。  手前の本は、スペイン語で書かれたジェダイのマニュアル。

一番笑ってしまったのはこれ↓。



お店の入り口のところに、凍結されたハン・ソロが埋まっているんです。  うっかりしていると踏んづけてしまいそう。  それにしてもよく出来ています。

このお店に行くと、腕にプリンセス・レイアの入れ墨をした、メガネのおじさんがいて、ニコニコと迎えてくれます。  たまにキャラクターの格好をした人たちがいることもあります。  

ウェブサイトはこちら↓


アバディーンは他には特別なーんにもない街だけど、太平洋がすぐ近くです。  海が見たくなったら、ついでに寄り道して見てはいかがですか?


↓ ランキングに参加しています。  応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング





よかったら↓のSNSでシェアしてください! 

0 件のコメント:

コメントを投稿